• #
  • トップ
  • ドラマ
  • ピュア恋対談!草川拓弥「子犬のように甘える」×西垣匠「好きに...

ピュア恋対談!草川拓弥「子犬のように甘える」×西垣匠「好きになったら攻めるかも」:みなと商事コインランドリー

ドラマ

テレ東

2022.7.5 【ドラマParavi】みなと商事コインランドリー

minato_20220705_01.jpg
恋に臆病なアラサー男子とピュア過ぎるイケメン高校生の"ゆるキュン"BL、ドラマParavi「みなと商事コインランドリー」(毎週水曜深夜0時30分放送/テレビ東京系)がスタート! 累計発行部数40万部(電子含む)、漫画・缶爪さわ、原作・椿ゆずによる同名漫画を、ドラマ初主演の草川拓弥(超特急)、共演・西垣匠でドラマ化。駆け引きゼロ、真っ直ぐでピュア過ぎる、胸キュン必至の真夏のラブストーリーです。

古びたコインランドリー「みなと商事」の管理人でアラサー男子の主人公・湊晃を演じる草川拓弥さん、イケメン男子高校生"シン"こと香月慎太郎を演じる西垣匠さんにインタビュー。歳の差を超えて仲良くなり、いつしか恋に...という役柄を演じるお2人に、お互いの印象や現場での様子、人との関りで大事にしていることや年上の人へのアプローチ方法などまで、お話をうかがいました。

今やイジる&イジられる関係に!?


minato_20220705_02.jpg
――今回、初共演のお2人ですが、お互いの最初の印象は? 撮影が進むうち、印象は変わってきました?

草川「匠くんは、ドラマの中の"シン"を表現するセリフと同じで、背が高くてスタイルが良くて、顔も誰もが認める"THEイケメン"で!!」

西垣「いやいや(笑)」

草川「クランクイン前にポスタービジュアルの撮影をしたんですが、漫画から"シン"がそのまま出てきたようで印象深かったです。あと、すごくコミュ力が高くて、現場でもいろんな方とおしゃべりしていて素敵だなと思いました。僕は人見知りで、加えて初めて主演をやらせていただくという立場もあって、匠くんがどんな人なのか、どう関わっていけばいいかワクワクとドキドキがあったんですが、匠くんが気さくに話してくれて」

西垣「僕ももともとは人見知りな部分もあるんですが、お仕事だとスイッチが入るのかもしれません。プロデューサーさんから草川さんは人見知りだと聞いていたので、積極的に行って壁を無くそうと思って」

草川「年下に気を遣わせてしまってる(笑)」

西垣「いや、そんなことないです。最近、ちょっとずつイジれるようになってきましたし(笑)」

草川「イジられてますね(笑)」

西垣「プールのシーンを撮った時、草川さんの足の指が長いことに気づいて。『人より長くないですか?』ってずっと言ってました(笑)」

草川「『カエルみたいですね』って言われましたからね(笑)」

西垣「今はもう、それぐらいの距離感になっています。でもカメラが回る直前までそういう話をしていても、本番になった瞬間に"湊さん"になっているから、草川さんはすごいなぁと勉強になります」

minato_20220705_03.jpg
――今のお話からもいい関係が伝わってきます。ドラマの中でもお2人の距離感や空気感が大事だと思いますが、現場ではどのように取り組んでいますか?

草川「匠くんは、"シン"としてその場で生きてくれているので、自然と2人の空気感が生まれています。最初は湊の方が年齢も上だし"お兄ちゃん感"が出ているんですが、あることをきっかけに急に立場が逆転して、関係性もガラッと変わるんです。そのシーンは湊だけでなく僕自身もすごくドキドキしましたね」

西垣「見てくださる方にもドキドキしていただくために、まず"湊晃"を本気でドキドキさせなきゃいけないので、全力で挑みました。迫るシーンは恥ずかしさや遠慮を一切捨てて、しっかり向き合ってやらせていただいています」

――ボーイズラブ(BL)作品ということで、参考にしたものや、演じる上で心がけていることは?

草川「以前、"チェリまほ"(『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』)に出演させていただいて、BL作品の現場も経験しました。BL作品の醍醐味のひとつは映像美だと思います。細かいカメラの角度だったり、色味だったり、繊細な部分を大切にしていると感じました。芝居については、僕の中では『これはBLだ』と思って演じてはいないです。とにかく"その人が好き"という気持ちを大事にしています」

西垣「僕もBLという意識はなくて。シンのセリフに『"男の人だから好き"じゃなくて。"好きになった人は男だけど"』という言葉があるのですが、その通りなんだと思います。勉強としては、"チェリまほ"などいくつか作品を見ました。作品のテイストは違いますが、『窮鼠はチーズの夢を見る』の成田凌さんの役柄が、年下から何度もアタックする役でシンと通じる部分もあるので、気持ちを理解する参考になったところもあるかなと思います」

minato_20220705_04.jpg
――撮影の中で印象に残っているシーンや、視聴者の反応が楽しみなシーンはありますか?

草川「一つ一つのシーンにいろんな大切さがあって、僕たちもギアを入れながら演じないと乗り越えられない撮影だらけなので、全て楽しみにして欲しいですが...やっぱりプールのシーンですよね、匠くん」

西垣「プールですね! すごく綺麗な絵になっているので楽しみにして欲しいです。その他にも、壁ドン、顎クイ...など、胸キュンドラマの王道の展開がたくさん詰まっているので、盛り上がっていただけるんじゃないかと思います。あと、シンが気持ちを真っ直ぐに言いすぎて、湊さんが照れるシーンもあって、きっと視聴者の方も『すごいこと言うな』と楽しんでいただけるんじゃないかなと思います」

草川「シンみたいな高校生は、現実世界にはいません。あんな攻めるタイプの(笑)」

西垣「僕も演じていて本当に『こんなことするか!?』って思いながらやっています(笑)」

草川「ははは(笑)」



年上の人にどうアプローチする?


minato_20220705_05.jpg
――ドラマの中では、2人の関係だけでなく、周りの様々な人との関りが描かれます。お2人が人との関係で大事にしていることはありますか?

草川「僕は、初対面の印象があまり良くないことが多いんです。自分では全然そんなつもりはなくて、ただ朝が弱いだけで(笑)。今そういうところは改善していかないと、と思っています。あとは、日々感謝を忘れず、思いやりを持つことを大切にしていきたいと心がけています」

西垣「僕は距離感を大事にしています。プライベートでもそうですし、こうしたお芝居の時には実際の関係性がカメラを通して映ると思うので。あと、撮影の現場では、スタッフさんと積極的にコミュニケーションを取って、自分の100%のパフォーマンスができる環境作りを心掛けています」

――シンの「"男の人だから好き"じゃなくて...」というセリフのお話がありましたが、お2人が男女問わず素敵だなと思うのはどんな人ですか?

西垣「何かに熱中している人を見ると応援したくなるし、自分がダメになりそうになった時にも人が頑張ってる姿に勇気づけられます。趣味でもお仕事でも、何かに打ち込んで、芯がある人には憧れますね」

草川「自分の持っているものを表現できたり、声に出して伝えることができたりする人に憧れますし、目の前のものから逃げずに立ち向かっていく姿は素敵だなと思います。匠くんと一緒で、自分もそういう人から力をもらいますし、頑張ろうと思いますね」

minato_20220705_06.jpg
――シンは年上の湊を好きになり、湊もかつて年上の人を好きになったことがありますが、お2人がもし年上の人を好きになったら、どうアプローチしますか?

西垣「シンのアプローチの仕方は、僕からすると『重くない?』と思うんですが、スタッフの方に聞くと『これキュンキュンするよ』とおっしゃることが多いんです。だから、シンの真似をします(笑)」

草川「リアルシンになるの⁉」

西垣「自分が好きになったら、攻めるかもしれないです」

草川「すごい! 僕は、"甘える"じゃないですかね。子犬のようにまとわり付いて甘える(笑)」

――かわいい年下に甘えられたら、男女ともに年上は弱いと思いますよ。

草川「でも僕は年上が甘えてくる方がキュンとしますけどね」

西垣「確かにそうかも」

――最後に、お互い気になっていることや、これを機に聞きたいことはありますか?

西垣「連絡先です(笑)。まだ交換してないんですよ。今日もらいます」

草川「ダメです(笑)」

西垣「何でですか!」

草川「うそうそ(笑)、交換しよう! 今日、匠くんの誕生日で、『誕生日プレゼントは連絡先でお願いします』って言うんですよ。『そんな価値ないよ!』と思いつつ、かわいいな、と(笑)」

――では、無事、連絡先ゲットで(笑)。草川さんは西垣さんに聞いてみたいことはありますか?

草川「大事なシーンの撮影で、僕のふいに出てしまったある行動が匠くんの笑いのツボに入っちゃって。あの時は、怒ってましたか?(笑)」

西垣「いや全然(笑)。本当に面白すぎて、『我慢しなきゃ』と思ったんですけど、そういう時こそ笑いのツボ入っちゃうじゃないですか。初めて自ら『ごめんなさい』と、カメラを止めました」

草川「あれは本当に申し訳ないと思ってて。そんなに怒ってなくて安心しました」

hair & make: Mashino
stylist: 東正晃
(草川拓弥様)

hair & make: 高村三花子
stylist:emi ito(ADDICTCASE)
(西垣匠様)

【プロフィール】
草川拓弥(くさかわ・たくや)
1994年11月24日生まれ。東京都出身。ダンス&ボーカルユニット・超特急のメンバーとしても活躍。「ウルトラマンギンガ」シリーズ(テレビ東京系)、「クロステイル 〜探偵教室〜」(東海テレビ/フジテレビ系)、映画「チェリまほ THE MOVIE 〜30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい~」(2022年)などドラマ、映画に出演多数。本作がドラマ初主演となる。
Instagram:@takunicochanman

西垣匠(にしがき・しょう)
1999年5月26日生まれ。石川県出身。2021年「夢中さ、きみに。」(毎日放送)で俳優デビュー後、「ドラゴン桜」(TBS系)、「消えた初恋」(テレビ朝日系)などに出演。映画「今夜、世界からこの恋が消えても」(2022年7月29日公開予定)、舞台「劇団☆新感線 薔薇とサムライ2 ー海賊女王の帰還ー」(2022年 9月~12月、新橋演舞場ほか)など出演作が控える。
Twitter:@sho_nishigaki_
Instagram:@sho_nishigaki_official

ドラマParavi「みなと商事コインランドリー」第1話は?

第1話
ブラック企業でサービス残業を繰り返していた湊晃(草川拓弥)は、体を壊し故郷に帰る。そこで、祖父の古びたコインランドリーを引き継ぎ管理人となった。ある日、イケメン高校生の香月慎太郎(西垣匠)がお客として来店。二人は一緒に過ごす時間の中で、歳の差を超えて仲良くなっていく。そんな中、湊は店の前で熱中症の慎太郎の姿を発見し、自宅で看病することに。少しずつ心の距離が縮まり、湊は自分がゲイであることをうっかり告白してしまい...!?

※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

【ドラマParavi】みなと商事コインランドリー

【ドラマParavi】みなと商事コインランドリー

恋に臆病なアラサー男子&ピュア過ぎるイケメン高校生のゆるキュンBLを連続ドラマ化!主演はドラマ初主演の草川拓弥(超特急)共演は西垣匠に決定!恋愛に歳の差なんて関係ないー。一途でピュア!駆け引きゼロ!胸キュンが止まらない、超ド直球の真夏のラブストーリー。

放送日時:テレビ東京ほか 2022年7月6日(水) 深夜0時30分スタート

出演者

【主演】草川拓弥(超特急)

人気の記事POPULAR ARTICLE

    おすすめコンテンツRECOMMEND CONTENTS

    カテゴリ一覧