• #

LIL LEAGUE”中2トリオ”の魅力は、14歳とは思えないパフォーマンス×かわいさ×面白さ!

エンタメ

テレ東

2022.7.5

lilleague_20220705_0001_01.jpg
「~夢のオーディションバラエティー~ Dreamer Z」「Dreamer乙」(テレビ東京ほか)で放送! LDH史上最大規模のオーディション「iCON Z ~Dreams For Children~」男性部門でグランプリを獲得したLIL LEAGUEの連載。第3回は、同い年の岡尾真虎くん×百田隼麻くん×難波碧空くんの"中2トリオ"3ショットトークをお届け。初めて会った時の印象から、すごいと思うところなどについての話を。「iCON Z」日本武道館ファイナルステージで、実は...!?

中2トリオ、初対面の印象は?


lilleague_20220705_002_2.jpg
――中学2年生の3人ですが、お互いの最初の印象は? また、LIL LEAGUEとして一緒に活動していく中で、印象は変わってきましたか?

岡尾真虎「ナンちゃんとは、iCON Z三次審査の時に初めてしゃべって。選ばれなかった人は『帰っていいですよ』、選ばれた人は『チームで集まって』って言われたのに間違って帰っちゃってたんですよ。だから"えっ、大丈夫!?"って、心配するところから始まりました(笑)」

難波碧空「帰っていいって言われたから...」

百田隼麻「ナンちゃんは、最初、クールな感じで口数が少ないんかなと思っていたら、全然そんなことなかった」

碧空「隼麻もここまで仲良くなれるとは思わなかったから、今、すごく楽しい。真虎は三次審査が終わった後に唯一話した人で、金髪でピアスしてて身長高くて『えっ!同じ年!?』って信じられなかった。仲良くなってみて、考えもしっかりしてるし、見た目だけじゃなく中身も大人だなと思います」

真虎「僕と兄(岡尾琥珀)で一緒にいると、僕が兄で兄が弟って間違われる事もあります」

隼麻「真虎は、どこにいっても『14歳!?』って言われるんです」

碧空「LIL LEAGUEメンバーは、(中村)竜大くんと(山田)晃大くんが福岡で、(岩城)星那くんと隼麻と真虎が関西で、それぞれ1人は出身地が近い人がいるんですけど、僕だけ神奈川だから誰もいないんですよ」

隼麻「グループに関東の人が1人って、珍しくない?」

lilleague_20220705_003_2.jpg
――関西の人は会話のテンポも速いし、キャッチボールも面白いし、碧空くんは最初戸惑ったりしなかったですか?

隼麻「関西人は気が強いっていうイメージがあるよね」

碧空「でも、ツッコんで欲しい。隼麻はボケるしツッコむし、すごい面白い。その性格好きよ」

隼麻「ありがとう」


――同い年の3人ですが、それぞれすごいなと思うところは?

隼麻「真虎は、"パフォーマンス、ホンマに14歳か!?"って思うくらいすごいですね」

碧空「パフォーマンスも見た目も性格も、これだけ揃ってればもう大人!」

真虎「ナンちゃんが、『Dremaer乙』のアンケートで"他の候補生に負けないところは?"っていう質問に、自分で"かわいい"って書いたのは、すごいと思いました」

碧空「だって、逆にこれ以外なくて...」

真虎「いや、自分のキャラを理解できてるのがすごい。癒しキャラとか弟キャラとか、思春期だと恥ずかしがるところを、ちゃんと受け止めて、グループの中で担ってくれているから」

碧空「僕は、SHOKICHIさんに教えていただいた"スポンジ"(何でも一度吸収してみる)だから」

隼麻「こんな感じで普段は"ナンちゃん"なんですけど、ステージに立つと"難波碧空"になるんですよ。歌詞の意味をしっかり理解して、それに合った表情をするので、すごいなって尊敬します」

碧空「隼麻も、"Ride ride ride"でピースするのすごい」

lilleague_20220705_0004_01.jpg
――隼麻くんは、日本武道館のファイナル審査のステージで客席に手を振っていたのもすごいと思いました。大観衆の前での初めてのパフォーマンスなのに、緊張はなかった?

隼麻「手を振ったんですけど、誰にも気づいてもらえなかったんですよ。みんな竜大くんとか真虎を見てて」

真虎「僕も最初に登場した時、目の前のお客さんが誰も僕を見てくれてないなと思った。どこを探しても"真虎"の名前(ネームボード)がなくて」

碧空「そんなことないよ」

隼麻「"真虎"の名前、結構多かったよ。"琥珀"と"真虎"のセットでめっちゃあった」

――みんな自分のネームボードを探せるくらい、余裕があったってこと?

隼麻「めっちゃ楽しかったんですよ。"隼麻"って名前を見つけた瞬間、テンションが上がって」

碧空「僕は、最初に登場してみんなで集まって『iCON Z開幕!』の掛け声の時には、"碧空"の名前を見つけてたからね」

隼麻「ステージに上がる前、ナンちゃんに『楽しもう』って言ったけど、実は緊張してて。最初は自分の名前を見つけるなんてできなかった」

真虎「僕は緊張を通り越して泣きそうだった」

碧空「僕も直前まで緊張していたけど、ステージに立ってからは楽しいの方が勝っちゃって。大勢の方が来てくださっているのは分かっていたけど、いざそれを目前にするとワクワクの方が強くなりました」

lilleague_20220705_05.jpg
まだまだ話は尽きないので、明日公開の【後編】に続きます! まだメンバーには知られてない自分の一面を告白!?

(撮影/Marco Perboni)


【プロフィール】
LIL LEAGUE(リルリーグ)
LDH史上最大規模のオーディション「iCON Z ~Dreams For Children~」で、応募総数4万8000人の中から勝ち抜きグランプリを獲得。
岩城星那(いわき・せな)
2004年10月21日生まれ。17歳(高校3年生)。大阪府出身。
中村竜大(なかむら・たつひろ)
2004年11月27日生まれ。17歳(高校3年生)。福岡県出身。
山田晃大(やまだ・こうだい)
2005年8月10日生まれ。16歳(高校2年生)。福岡県出身。
難波碧空(なんば・そら)
2009年1月21日生まれ。13歳(中学2年生)。神奈川県出身。
百田隼麻(ももだ・はいま)
2008年5月15日生まれ。14歳(中学2年生)。大阪府出身。
岡尾真虎(おかお・まとら)
2008年5月7日生まれ。14歳(中学2年生)。京都府出身。
Twitter:@LIL_LEAGUE_
Instagram:@lil_league_official
TikTok:@ lilleague_official

26276
※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

人気の記事POPULAR ARTICLE

    おすすめコンテンツRECOMMEND CONTENTS

    カテゴリ一覧